プリベント少額短期保険株式会社 代理店の有限会社ジィーウェイが弁護士費用保険について詳しくご紹介します。

団体契約

弁護士費用保険Mikata 団体契約

団体契約で弁護士費用保険を従業員の福利厚生として活用

団体契約とは、団体(会社等)が保険契約者となり、当該団体で勤務し、団体から定期的に給与の支払を受けている従業員・職員が被保険者となる契約方式です。

弁護士費用保険Mikataの団体契約をおこなうことで、従業員・職員に対する福利厚生制度の一環として導入することができます。

団体を相手方とするトラブルは保険対象外

団体契約イメージ

団体契約では、当該団体を相手方とするトラブル(労働トラブルなど)は免責(保険金の対象外)となります。
なお、被保険者が派遣社員の場合、派遣元企業を相手方とするトラブルは免責となりますが、派遣元先企業を相手方とするトラブルは支払対象となります。

団体契約による割引保険料の適用

団体契約では、被保険者人数に応じた割引保険料が適用されます。

団体契約 割引保険料

保険料は団体が被保険者の合計金額をまとめて払い込んでもらいます。 払込方法は、月払いで原則として口座振替となり、保険料は団体自身にご負担していただくものとなります。 団体が役職員から保険料を集金して支払うことはできません。

団体契約特約の適用条件

団体契約特約は、次のすべての条件を満たす場合に適用されます。

  • 団体が、当社との間で団体契約取扱契約を集結していること
  • 団体が、日本国内に本店を有する法人であること
  • 被保険者が、日本国内に居住し、団体から定期的に給与の支払を受けるものであること
  • 同一の団体との間で締結する団体契約特約の被保険者数が2名(初回契約時は5名)以上であること
Mikataのインターネットお申し込み

ご検討・お申込みに関しては、普通保険約款、および重要事項説明書(「契約概要」・「注意喚起情報」)を必ずご確認ください。

Copyright © Mikata弁護士費用保険ネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.